交通事故ケーススタディ

a1180_004659

 

交通事故は運転手とそれ以外の要因で起こる物ですが、最近目にするのが運転手のマナー違反による事故。
ニュースでもひき逃げやスピード違反による痛ましい事故を耳にします。被害者は主に小さな子どもやお年寄りが多いのも特徴です。

 

ここ何年かでよく耳にするのが、朝の登校時間での車の突っ込み。若い運転手のスピード違反が主に目立ちます。そして同じような事故が、時間をおかずに起こるというのも信じられません。小学生の登校道路として指定されている道は、ある程度安全性が確保されているかと思います。

 

そして住宅街のような整備された道で、常識的な運転手なら、スピードにも気をつけるべき道での事故。
歩行者がいれば当然運転に気をつけるべき、また歩行者を気にするのが当たり前だと思いますが、中には意識の薄い人たちもいるのが現実です。
車が好きで免許を取る人も多いですが、公共の場で運転するのであれば、それなりの意識とマナーを心がけることが車への礼儀でもあるとも言えます。教習所で危機管理についてきちんと教育されている筈なのに、それが頭に入っていないのか関心がないのか。免許と車を手に入れた後、欲求のままに自分勝手な行動をする人達がいます。

 

もちろん車は個人の心を豊かにしてくれるアイテムにもなりますが、人にとって大変危険な凶器ともなり得るものであると認識する事が、運転する者にとって一番重要なことだと思われます。