飲酒事故の罰則は通常の事故より重い?

飲酒運転や悪質な運転による死亡事故の増加が社会問題になっています。それに伴い、近年、飲酒運転に対する刑法や道路交通法が見直されました。法律の改正により、飲酒運転による罰則が強化されています。
道路交通法により以下の3つが定められています。
まず1つ目として、酒酔い運転は5年以下の懲役または100万円以下の罰金になります。かつ3年間の免許取り消しも課せられます。酒酔い運転とは、「アルコール量に関係なく、酒に酔った状態で正常な運転が出来ない恐れがある時」と定義されています。
2つ目として、酒気帯び運転の場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金になります。酒気帯び運転のうち、血中アルコール濃度が0.15~0.25mg/mlの場合は90日間の免許取り消し、0.25mg/mlの場合は2年間の免許停止になります。
3つ目として、飲酒事故の場合、運転手のみならず、車両や酒類の提供者、同乗者に対しても運転手と同程度の厳しい罰則が課せられます。
飲酒運転で死傷事故を起こした場合、刑法では危険運転致死傷罪として扱われます。
テクスチャー02通常の事故では、必要な注意を怠ったとして自動車運転致死傷罪に問われます。7年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金とされます。それに対し、危険運転致死傷罪では、負傷の場合15年以下の懲役、死亡の場合1年以上の有期懲役になります。通常の事故に比べ、非常に重い罰則になっています。

Comments are closed.