社用車の私用運転中の事故における会社の責任は?

テクスチャー06通常、社用車の私用運転というのは、会社の許可をとらずに無断で利用してるというケースに該当します。このような状況で事故を起こした場合には、勤務先には責任が及ばないのではないかと感情的には考えられがちですが、実際にはその運転手と雇用関係を通じて、該当する車に対して運行支配・運行利益が及んでいると考えられていますので、運行供用者責任が問われることになります。この責任を負うのは、該当する社用者に対して勤務先が運行支配や運行利益を有しているかどうかにかかっているのですが、社用車である以上、勤務時間内であっても、時間外に社員が勝手に私用運転していた場合であっても、その勤務先の車であることには変わりありませんので、実際の状況は別として外見的には従業員が勤務のために利用したというようにみなされるのです。そのため、勤務外であっても責任を問われる可能性もあり、こういったトラブルを避けるために社用車の利用に対しては各勤務先で厳重な管理がされているのです。もちろん、損害賠償等について職場は法的に負担せざるを得ませんが、運転手にも責任は当然及びますし、勤務先から後日処罰が下されるであろうことも想像に難くありません。

Comments are closed.