事故責任の割合はどう決まる?

交通事故を起こしてしまったときに、必ず事故責任の割合が発生しますが、これは事故の状況によってさまざまなケースがあります。
一つ目に関わってくるのが両車の動作状況です。もし、相手に明らかな過失がある場合であっても、自分の運転する車が少しでも走行状態にあった場合は、若干ですが責任の割合を取られることになるので注意が必要となります。信号待ちなどで後方から追突された場合などは自車は停車状態になるので、全責任は相手にある、となります。しかし、ブレーキランプが切れていた場合などは整備不良とみなされ責任が問われることがありますので、ランプが切れてしまった場合には早急にライトを交換したほうがいいでしょう。
テクスチャー01二つ目に信号のない交差点などでの出会い頭の事故などの場合に、どちらの走っていた道路が優先車線かということです。自分が一時停止をして交差点に進入し、相手の車と衝突した場合、相手の車が優先車線だったときには自分のほうが多く責任の割合を取られてしまいます。
両者の加入している保険会社の担当者同士が話し合いを行い、最終的な割合が決まりますが、何よりも運転者一人一人が交通ルールを守り、事故を起こさないことが一番です。

Comments are closed.